ヨガの効果

ヨガで【冷え性改善】冷えのタイプ別に考えよう|温まるコツ

ヨガが冷え性に効くと聞いて始めてみましたが、あまり冷え性は良く治らないなと、感じてはいませんか?

レッスンの最後にゆっくりする頃には、手先足先がすっかり冷え切ってしまうこと多いですよね。
一体どうすれば、冷え性が改善するのか分からず、毎年冷えと戦っている人もいるでしょう。
かrだ
長年冷え性に悩んだ、現役ヨガインストラクターが身体の冷えについて考えました。

  • 冷え性の原因
  • 冷えた体を温める方法

梅雨や夏のエアコンの冷えから体を守って、冬には冷え知らずになりたいですね。

そもそも体はなぜ冷えてしまうのでしょう?

家にじっとしていると足先から冷えてしまうこと多くありませんか?
暖かい時期でも、雨の日などは足元が冷えると寒く感じますよね。

冷えを感じない暖かい体になりたいですね。
いつもポカポカしている人は、なぜ暖かいのでしょう?

体の仕組みについて考えてみましょう。

体の熱は中心を守っている

体は重要な機能がある部位を守るようにできています。
つまり、体の熱の多くは内臓と脳を守るために、胴体と頭部に集まるようになっているのです。

手先や足先は、熱を放散するための機能が備わっています。
体の中から温度が上がらないと、手先や足先まで温まらないようです。

体の中から、冷え性を改善する方法を考える必要があります。

手先や、足先だけ温めても、体全体が温まらないと、ぽかぽかとした体にはならないようですね。

体の水分や血液の流れが悪い

体の水分や酸素を送り、身体中を巡っているのが、リンパ液と血液です。この流れが悪いと手先、足先は温まりにくいのです。

運動不足や水分不足、飲み会の参加など、不生活が続くと体の巡りが悪くなり、冷えに影響してきます。

暖かいお風呂に使ったり、リラックスする時間を設けたり、体のケアを考えて手先、足先まで温まる体にしたいですね。

冷える原因は複合的

生活習慣や食習慣など、いくつかの原因が合わさって、冷え性となっているために、冷え性は改善が難しいです。

冷え性の直し方がいろいろとあるのも、原因がたくさんあるからですね。

全てを行うことは大変でしょう。まずは、自分の冷え性の一番の原因を見つけることが、改善の一歩となるでしょう。

冷え性改善に向けてできることは?

冷え性改善に向けて、何をしたら良いのか、必要なポイントをみていきましょう。

  • 体の中から温まる
  • 筋肉量を増やしてあげる
  • 睡眠をしっかりととる
  • 体を冷やさない
  • 呼吸をしっかりとする

意識をすれば、すぐにできることもありますね。

それでは、ひとつひとつ詳しくみていきましょう。

体の中から温まる

体の中心を冷やさないようにしましょう!

冷えやすい手先や足先は、熱を放散してくれる場所です。
つまり、体の中心が温まれば、手や足にも温度が伝わっていくということです。

冬場にお腹を温めたり、暖かい食べ物を食べると体全体が温まりやすくありませんか?

なぜなら、食べ物を食べると消化をするために、体の中に熱が生まれます。その作用で体が温まります。

ホッカイロなどでお腹を温めることでも、体の中心部の温度が上がり、手先、足先まで温まります。

不用意に冷たい物を飲んで体を冷やしたり、手先足先が冷え込まないようにすることが大切ですね。

筋肉量を増やしてあげる

筋肉を動かすことも熱が生まれる体の仕組みの一つです。

寒いからといって、じっとして小さくなっている方も多いかと思います。

ですが、ただ小さくなっているより、体は動かした方が筋肉が熱を作ってくれるため、温まりやすくなります。

寒くなるとぶるっとふるえるのも、体が筋肉を動かすために行なっています。

動くことが少ないと足先が冷えやすいですよね。
足元や足全体をすこし動かしてあげるとよいでしょう。

睡眠をしっかりととる

寝ている時間は体がぽかぽかしてくると思いませんか?
朝起きたては、足が冷たくないと思います。

人は、睡眠にはいるために、体に溜まった深部の体温を下げて、手先足先を温めます。
良い睡眠をとれている時は、自然と温まるようになっているのです。

人は寝ている間に成長ホルモンがでて、体を回復させる動きが備わっています。

大事な睡眠時間を削りすぎては、日々の疲れがたまり、体の回復がどんどん遅れてしまい、冷え性に繋がるでしょう。

体を冷やさない

そもそも冷え性の人は、血流が悪く、同じ体勢で長時間いることが多く、体の水分や血液の流れが悪くなりやすいですよね。

じっとしていても、水分をしっかりと取ることや、定期的に動くことは大事です。

〈体を冷やす行為〉

  • 冷たいものを飲む
  • ストレスが多い
  • 早食いなど食生活が乱れている
  • じっとしている
  • たち仕事である

思い当たることはありますか?長年続けていることも多いと思います。

おしゃれのために足やうでを出していたり、忙しいからと手軽に食べれる物ばかり食べていては、体を冷やす原因を続けているようなものです。

冷え性は生活習慣が作ったとも言えます。まずは、根本的に体を冷やさないことを考えましょう。

呼吸をしっかりとする

体の調整機能も担っているのが、呼吸です。

体に酸素を取り込むだけでなく、自立神経や体温の調節などにも関わるので、呼吸をしっかりとすることをおすすめします。

また、呼吸をする時には、横隔膜や肋骨周りの筋肉を使います。しっかりと動かすことで、体の中心が温まりやすくなります。

猫背で呼吸が浅くなっている人は、冷えやすい姿勢を取っているとも言えるでしょう。

ヨガは冷え性の改善に効果的?

ヨガをして冷え性の改善に繋げるためには、日々の生活の中でも体を温めるコツを活用する必要があります。

週に1〜2回のヨガだけでは、冷え性が治るまで時間がかかるかもしれません。
ヨガがどんな効果があるかを見ていきましょう。

ヨガの呼吸は体を温める

ヨガの呼吸は体の内部を温めてくれます。
また、ストレッチの刺激によって、血流やリンパの流れを良くしてくれるでしょう。

レッスン終わった後に温まったなと感じる方は、改善が進んでいるということです。

呼吸は横隔膜⇨筋肉を動かします。

体の中の熱を作ってくれると共に、背骨支える筋肉などの体幹を鍛えることで、筋肉不足も少し解消できますね。

自立神経を整えて、体を温めよう

ヨガは、リズム運動や、呼吸によって、自律神経を整えてくれます。

血管の収縮を担っている自律神経が正常に働くことで、必然的に体を温める作用もよくなるでしょう。なぜなら、副交感神経は、血管を拡げ、血行を良くしてくれるからです。


ストレスや不規則、運動不足な生活は、自律神経が乱れがちです。

生活にヨガやストレッチ、運動を取り入れて、自律神経を整えることをおすすめします。

自分にあった、冷え性対策をとろう

冷え性の原因はいくつかあるので、自分にあう冷え性の改善方法をとる必要があります。

自分の中で一番の原因を探り、それを中心に考えると良いかもしれませんね。

冷える原因を知ること

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 運動不足
  • 生活スタイル

生活を乱していても、時間に追われて案外気がつかないものです。
すぐには体調に出てこないこともありますね。

頑張りすぎたり、自分の体を考えずに動けるのは、若い時だけです。
気づかずに続けていることも原因の一つですね。

冷えに繋がる原因を探ることで、生活を見直してみましょう。

生活スタイルを改善することは簡単ではありませんが、まずは自分が試せることから始めてみると良いでしょう。

睡眠や運動!自分が好きなことから

冷え性の改善に向けて、ウォーキングや睡眠、自分が始められるものからゆっくりとスタートしましょう。
その一つにヨガを取り入れることをおすすめします。

体が温まる時間が増えていくと、自然と嬉しくなりますよね。

ゆっくりと食事をするのも良いでしょう。時間をかけることでしっかりと消化をしてくれます。

睡眠時間を削ることや体を冷やす行為を、できるだけ減らして過ごしてみましょう。

冷え性改善に取り組もう

冷え性は、根気よく向き合うことが大事です。

ヨガは冷え性に有効的といえるでしょう。

ヨガを続けてきたことで、足先が温まりやすくなり、芯から冷えを感じることはほとんどなくなりました。

私もかなり長い間冷え性を改善できませんでした。
なぜなら、仕事での疲れをきちんと癒してあげてなかったからです。

夜更かしや食べ過ぎは、若い頃は全く気にも止めませんでした。若いと回復力が高く気にする人が少ないのです。

体が疲れている時や、遊びすぎた時、ストレスを強く感じた時などに、冷えは感じやすいです。

そんな時は、お風呂の温度や、呼吸法を寝る前にいれたりと整えることを大事にすると良いでしょう。

みなさんが冷える時はどんな状況ですか?
家にじっとしている時、仕事をしている時、寝る前の時? 

冷える原因と状況を考え、自分にあった冷え性対策を考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました